融資業者が重視する事

融資業者は、返せない相手にはおカネを貸すことはありません。

 

なので、みなさんが、この人は貸しても返さないだろうと思う人には業者も貸さないという事。
これはお金を貸す上で基本ですから、どの業者も貸さないと考えられる人には貸さないでしょうね。

 

そこで、各業者ともにお金を貸さないと考える相手について考えてみたんですが、やはり、それは返済能力が疑わしい人なんですよね。
収入のわりに借金が多いとか、いつも延滞をしている人等は、私たちでも貸そうと思いませんから、それを商売にしている業者が貸すわけがないんです。

 

つまり、融資業者も常識的に返さなそうな相手には貸す事が無いという事なんです。
なので、そうした事を考えながら審査の傾向を考えると、その答えは自然と誰でもわかるんですね。
ただ、融資機関や業者が融資を行うにあたり審査のポイントにしているのは、お金が自由になって、自分の使えるお金が多い年齢が審査の上でもかなり有利になる事はあるようですよ。

 

 

■アコムが審査でポイントにする事

 

 

アコムが審査で落とす人は、みなさんも貸したくないと考える人です。
難しく考えずに、実際おカネを貸したくないなと感じる人みたいな人が審査に落ちます。
これは本当のところ。

 

ただ、融資業者が審査の上でポイントにするのが、収入がまあまあある人で、そのお金が自由になる人がイイらしいですよ。
つまり、それは、顧客とし良い顧客という意味なんですが、独身の人の方が返済するにも自由になるお金があるので、イイらしいんです。
子持ちで家族世帯だと、自由になるお金は限られるので、その部分は審査にも関係しますね。

 

年齢はやはり20歳〜30歳ぐらいの方が良いらしいという事は確かです。

 

例えば、50歳で借入を申し込んだとする。
みなさんは、こうした50歳をみてどう思いますか?
やはり、そんな年齢なのにお金を借りるなんて、大丈夫?的に思ってしまいませんか?
そこが業者も同じなので、ターゲットとしてはやはり「返済が出来る=自由になるお金がたくさんある」20歳〜30歳代の方がいいそうです。

 

いずれにしても審査におけるポイントは「自由になるお金」「返済能力」「借入状況」となりますから、この部分をポイントに審査を行い可否判断を行う傾向にあると思います。